私は30代の主婦で平日は昼間だけパートに行って、毎日平凡な日々を送っています。

子供はこの春下の子が小学1年生になり、上の子は3年生です。

そんなどこにでもいる主婦の1人である私ですが、夢中になる趣味を持っています。

それが「神社仏閣めぐり」です。

神社仏閣ってたくさんあるんですよ

神社は日本に88,000以上お寺は77,000以上もあると言われています。

神社

数だけ聞くと多いんだろうなーくらいのイメージかもしれませんが、この数、実はコンビニエンスストアよりもはるかに多いんです。

これ、ほとんどの街に寺社仏閣があることになりますよね?(埋め立てて造られたニュータウンなどの例外はありますが)

つまり、日本には私達が訪れていない数えきれない数の神社やお寺があることになります。

神社仏閣めぐりとは、こうしたたくさんある神社やお寺を回って見ていく趣味のことを言います。

目的も様々で、人によって御朱印集めをする人もいれば、鳥居狛犬仏像観察などのポイントを絞ってみている人もいます。

神社やお寺と聞くと、お年寄りや受験生などが訪れる場所、七五三や初詣など何かの行事に訪れる場所というイメージを持たれている方も多いかもしれません。

じつはこの神社仏閣めぐりは主婦や年配の方だけではなく、若者にも人気があるんです。

最近のパワースポットブームでも注目されますし、インスタ映えする写真を撮ることもできますよ。(※写真を撮るときは事前に神社やお寺の人の許可が必要なものもあります。注意してください)

私が神社仏閣めぐりを好きになったのは、10年以上前のことです。

当時は京都の大学に通っており、ひとり暮らしをしていたのですが、京都はお寺や神社が近くにたくさんありました。

京都散策

そんな環境にいたのもあり、在学中に全部見てまわりたいなぁと思ったことがきっかけで神社仏閣めぐりにのめりこんでいったのです。

最近はお友達やご近所さんに「神社仏閣めぐりが好きなんだー」というと、たいていは「すごーい」とか「素敵!」とか好印象に思ってくださる方がほとんどです。

中には「一緒に神社仏閣めぐりしてみたい」というお友達も多く、実は神社やお寺に興味を持っている、好きという人は多いのではないでしょうか?

子供の頃は神社で遊んだり、縁日が開かれたりしているので、日本人であれば小さい頃から神社やお寺に行くことはなじみのある習慣ともいえます。

私たちの日常に溶け込んでいるので気付きにくいのかもしれませんが、寺社仏閣には私たちの心に訴える何かを常に発信しているのかもしれません。

かと言って、宗教的な観点から神社仏閣めぐりが好きになったわけではありません。私は熱心な仏教徒というわけではないしね。

こうした信仰が必須でない点も、趣味として入りやすい魅力なのかもしれません。

神社仏閣めぐりってこんなところが面白い

寺社仏閣巡りには魅力がたくさんあるのですが、私が思う神社仏閣めぐりが楽しい、好き、面白いという理由をいくつか紹介したいと思います。

≪歴史を知ることができる≫

神社仏閣めぐりをすることで、由緒や歩んできた歴史などを知ることができます。

金閣寺

これがとても楽しいです。もともと歴史が好きなのですが、どうしてこの神社やお寺がそこに建てられたのか?

とかどういう人が関わってきているのか?などを知るととてもわくわくします。

神社仏閣そのものの歴史はもちろんですが、日本史の中での関わりとかを知ることもできます。

子供たちは私の神社仏閣めぐりを楽しいとはあまり感じていないかもしれませんが、これから歴史を勉強していく中でこの神社仏閣めぐりが役立つ時がくるかなぁと感じてもいます。

≪境内の雰囲気で心が穏やかになる≫

境内の雰囲気って独特なものを感じると思いますが、私はあの雰囲気が大好きです。

静寂

太古から続くような古社や民衆の信仰が非常に厚いお寺など、お寺や神社によってその雰囲気は全く異なります。

また、静かで日常からかけ離れたところにある神社やお寺の場合、パワースポットになっているところもあり、心が落ち着きますし、癒されます。

お寺にある仏像の穏やかな表情を見ているだけでも私はリラックスできちゃうんです。

なんだか神社やお寺には他の場所とは違う時間の流れをしているような、ゆっくりとした時間を感じることができます。

都会の真ん中にある神社でも、敷地内に入ると急に雰囲気の違いを感じることもあります。

毎日の生活に疲れた時とか、悩みがある時なんかは、思い立ったように神社仏閣めぐりをしてしまいます。

≪仏像を見るのが楽しい≫

仏像と一言で言ってもたくさんの種類があります。

仏

興福寺の阿修羅像は以前ブームになりましたが、仏像って本当に見ているだけで楽しいんですよね。

穏やかで可愛い仏像もあれば、かっこいい仏像、怖い感じの顔立ちの仏像もあります。

また仏像と同じく、神社の狛犬もそれぞれの神社で全く違い、個性を感じることができるので、そういうポイントポイントをチェックするのも楽しいですよ。

≪御朱印集めにはまっている≫

神社仏閣めぐりを始めてすぐ、御朱印集めにはまってしまいました。

私が10年以上も神社仏閣めぐりを続けている一番の理由は、この御朱印集めにはまっているからかもしれません。

御朱印とは神社やお寺を参拝した時に、産廃照明、御祭神御本尊との縁を結んだ証としていただけるサインのようなものになります。

この御朱印はお寺や神社の方に墨書と朱のハンコで神様、仏様の名前、神社・お寺の名前、教えの一文を書いてもらいます。

御朱印は御朱印帳と呼ばれる帳面に書いてもらえるので参拝記念になるのです。

御朱印帳

御朱印帳は趣のあるものは神社仏閣で買う事もできますし、かわいいタイプなどのファンシーなものはネットでも買えちゃいますから一度検索してみてくださいね。

私はこの御朱印が大好きでなんというかお札やお守りのような感じでいて、オンリーワンなカッコよさがあります。

観光地のスタンプ集めと同じでしょ?と安易に考える人もいますが、それとは違う格式の高さがあります。

御朱印は神社やお寺ごとに異なりますし、場所によっては御朱印がいくつもあるのでこの御朱印集めにはまって、神社仏閣めぐりをしている方は非常に多いでしょう。

お守りも好きだけど、数が多くなりすぎちゃうのがネックで・・・という方にも御朱印はおすすめです!

神社仏閣を知ったら、きっと神社仏閣めぐりをしたくなります

このブログでは、私が各地の神社仏閣を調べたり行った事で知った知識や魅力を書いています。

また縁結び、交通安全、学業成就、結婚、子宝などを願う時に、どこの神社やお寺に行けばよいか迷ってしまうという方のために、目的別の神社、仏閣のご紹介もしていきたいと思います。

お守り

旅行の時、行き先の近くに神社やお寺があれば、行こうという方も多いと思います。そんなきっかけで行かれても良いのではないでしょうか。

実際、寺社仏閣は全国至る所にあるので、旅行先に神社やお寺がないなんてことはほとんどないでしょうし、旅行中に寺社仏閣へ行く方は多いのではないでしょうか。

神社仏閣の事をもっと知ることで普段は通り過ぎていた近所の小さいお寺でも、違う視点で見れるようになると思いますよ!!

ご期待くださいね!!


投稿日:2017年7月3日 更新日:

よく読まれている記事はこちら!!

この記事がよく読まれていますよ!!

  • 首都圏の癒しの空間パワースポット 仕事が上手く行かなかったり、勉強に行き詰ったり...。または、悩みごとを抱えていたり、落ち込むような出... posted on 10月 17, 2016
  • 熊野神社 聖護院~熊野神社 聖護院(しょうごいん)は、その名が町名になっている寺院で、京都市左京区の聖護院中町にあります。本山修験... posted on 12月 15, 2016
  • 東京の神社、仏閣の紅葉 そろそろ関東地方でも、あちらこちらで紅葉が見られる時期になって来ました。紅葉の綺麗な神社、仏閣と言うと... posted on 10月 24, 2016
  • 神社の氏子という人たちの役割 お寺には「檀家」という制度がありますよね。檀家とは、お布施などの経済的援助を持続して行いうことで、特定の寺院に... posted on 5月 1, 2017
  • 禅宗庭園ー枯山水 大乗仏教の一派である禅宗は、鎌倉時代に中国から伝えられました。その禅宗は、源氏から武家政権を受け継いだ... posted on 10月 28, 2016
  • 海辺の古都ー江ノ電沿線 古都鎌倉から藤沢にかけてのおよそ10kmと言う短い路線を運行している江ノ電をご存知ですか?江ノ島電鉄線... posted on 11月 1, 2016
  • 神社 神社にはお墓がない? 神社とお寺では「お墓」にどのような違いがあるのでしょうか。日本人のお墓といえばほとんどが仏教式であり、寺の敷地... posted on 5月 8, 2017
  • 江島神社 江島神社(えのしまじんじゃ)は、厳島神社/宮島(広島)・竹生島(滋賀)とともに、日本三大弁財天の一つです。島の... posted on 5月 10, 2017
  • 持国天 頂妙寺~檀王法林寺 川端通は、鴨川の東沿いを南北に通っています。そして、東大路通は鴨川のさらに東を南北に通っていますが、こ... posted on 12月 22, 2016
  • 金戒光明寺 金戒光明寺 地元京都の人たちからは、「黒谷(くろだに)さん」と親しみを込めて呼ばれている金戒光明寺は、京都市左京区... posted on 12月 26, 2016

Copyright© 神社仏閣めぐり.com , 2017 AllRights Reserved.