コラム

日本の行事ー七五三

投稿日:

七五三女の子

神社やお寺で行われる行事に七五三がありますね。七五三は、通常11月15日に行われます。北海道などの一部寒冷地では、この時期はもう寒いと言うこともあって、一か月早く10月15日に行われるところもあるようです。子どもの成長をお祝いするため、七歳と五歳と三歳の時に行われる日本の年中行事の一つです。七五三の起源としては、1681年12月24日(天和元年11月15日)江戸幕府第五代将軍徳川綱吉の長男であり、館林城の城主であった徳川徳松の健康を祈願するために始められたと言われています。現在、七五三は全国的に行われている年中行事になりましたが、元々は関東地方でだけ行われるローカルなものであったようです。その風習が全国に広まり、今では盛んに行われるようになりました。

七五三はなぜ11月15日に行われるようになったのでしょう?旧暦では、11月と言うのは、収穫が終わってその恵みに対して神様に感謝する月とされていました。また、旧暦では15日と言う日は、鬼が出歩かない日とされる二十八宿の鬼宿日に当たります。どんな物事をするにしても吉であるとされていました。神に感謝する月の15日は満月でもあるため、その日に収穫を感謝し、同時に子どもの成長を感謝して、氏神様にお参りをするようになったと言われています。この神事は江戸時代に始まったものであるため、正式には旧暦の数え年に行われるようですが、明治時代に改暦されてからは、新暦の11月15日に行うようになりました。しかし、実際神社に参拝に訪れるには、日程の都合などもあり、11月中の土日や休日に多く行われています。11月の大安の土日などと言うと、どこの神社やお寺も着物を着て着飾った可愛らしい子ども達の姿で賑わいを見せています。

では、どうして七五三は七歳と五歳と三歳に行われるのでしょうか?一般的に、七歳と三歳のお祝いは女の子、五歳のお祝いは男の子が行います。七五三の発祥地とされる関東地方では、次のように考えられているようです。数えの三歳、いわゆる満二歳になる年に行うのが髪置きの儀と言われる儀式で、江戸時代には三歳までに髪の毛を剃ると言う慣習があったのだそうですが、それを行うための儀と言われています。男の子が行うこともありますが、主に女の子が行う儀式です。数えの五歳(満四歳になる年)は、男子が袴の着用を始めるとされていたため、袴儀として男の子が行います。数えの七歳(満六歳になる年)は、女子が大人と同じように幅の広い帯を結び始めることになっていたため、帯解きの儀として女の子が行います。

七五三の時に千歳飴の長い袋を下げている姿は、定番のようになっていますね。細く長い千歳飴には、子どもの長寿を願う親の想いが込められています。縁起が良いことから、千歳飴は紅白に着色されています。これを食べて七五三をお祝いします。千歳飴を入れる袋は、縁起が良いとされる松竹梅や鶴亀などの華やかな絵で装飾されています。

七五三のお参りをするための神社をいくつかご紹介しておきましょう。まずは東京の神社です。東京都渋谷区代々木にある明治神宮では、七五三の御祈願をすると特製の記念メダルや千歳飴などが頂けるようです。東京都千代田区永田町の日枝神社は、都内の中心部にあり、お参りの後に周辺のホテルでお祝いの食事をしたりと、何かと便利なため人気が高いようです。東京都江東区富岡にある富岡八幡宮では、巫女さんのゆるキャラがお出迎えをしてくれます。千歳飴や文房具セットなどの記念品も人気があるようです。では、京都ではどのような神社が人気があるのでしょう。京都市上京区にある北野天満宮は知恵の神様とも言われ、七五三のお祝い客で賑わいます。記念品として渡されるディズニーの文房具セットや千歳飴なども人気です。京都市北区にある上賀茂神社は、世界文化遺産にも指定されている歴史深い神社です。衣装や着付け、写真などすべてセットになった七五三プランが人気があるようです。

七五三男の子

-コラム

Copyright© 神社仏閣めぐり.com , 2018 AllRights Reserved.