コラム

鷲神社ー酉の市

投稿日:

酉の市

毎年11月の酉の日に行われるお祭りに酉の市があります。鳥や鷲に関係する寺社が関東地方には多く存在しています。大鳥神社や大鷲神社、鷲神社(おおとりじんじゃ)と言った、社名に「おおとり」が付く神社で、大阪府にある大鳥大社が本社です。鷲神社では、日本書紀や古事記などの日本神話に登場する日本武尊(やまとたけるのみこと)をお祀りしています。日本武尊は、開運や商売繁盛、武運長久の神様とされています。商売繁盛のご利益にあやかって、酉の市では多くの露店が出て、縁起物の熊手を威勢の良い手締めと共に売っています。年末の風物詩ともなっているこのお祭りは、例年大変な賑わいを見せます。

関東地方では、埼玉県久喜市にある鷲宮神社(わしのみやじんじゃ)がお酉様の本社とされています。この神社の祭神は、日本神話に登場する男神の天穂日命(あめのほひ)とその子の建比良鳥命(たけひらとりのみこと)、そして大己貴命(おおなむちのみこと)です。大己貴命は、日本神話に登場する神である大国主(おおくにぬし)の別名です。日本武尊は東方の蛮族を討伐するために東征に向かいましたが、その時に鷲宮神社で戦勝を祈願したと言われています。ここ鷲宮神社では、古くから「酉の日精進」の信仰が広まり、12月の初酉の日には大酉祭が行われ、商売繁盛を願う多くの人で賑わいます。

日本武尊が東征で勝利した際にその戦勝を祝ったのが、東京都足立区にある大鷲神社だと言われています。花畑大鷲神社とも呼ばれていますが、ここが現在、各地で行われている「酉の市」の発祥の地であると伝えられます。賑わいを見せる酉の市の夜には花火を打ち上げて、人々の目を楽しませてくれます。古くはここは、鷲明神と言う名前であったその由来は、平安時代後期の後三年の役の時に、源義光が兄である源義家の手助けのため、東北地方に向かうその途中のこのあたりで鷲を見かけ、そのおかげでいくさに勝つことができたため、この神社に鷲をお祀りしたためだと言います。明治以降には鷲神社と改名され、そののち正式名称が大鷲神社と改められました。

今年の11月の酉の日は、11月11日と11月23日です。最初の酉の日をが「一の酉」、二番目の酉の日を「二の酉」と呼びますが、年によっては「三の酉」まであります。「三の酉」まである年には火事が多いと言う俗説があるようです。酉の市では露店が立ち並んで、福をかきこむと言われる、縁起物で飾られた数々の縁起熊手が売られています。熊手は縁起物の代表のように言われますが、獲物をわしづかみにする鷲の爪を模倣したのだと言う説があります。この爪で福をかき集めて鷲づかみにすると言う意味が込められているようです。

-コラム

Copyright© 神社仏閣めぐり.com , 2018 AllRights Reserved.