中部地方 山梨県 神社仏閣情報

山梨県『金櫻神社』は金運のパワースポット

投稿日:

金櫻神社とは昇仙峡の上地に位置する霊山・金峰山を神体山とする神社です。金峰山山頂に本宮があり、山梨市万力・山梨市牧丘町・甲府市御岳町は里宮になります。

ここあたりは昇仙峡屈指の桜の名所であり、4月下旬から5月上旬には、サクラ目的でも多くの人たちが訪れます。

ご神木の鬱金(うこん)の桜が咲く時に、参拝して水晶のお守りを受け取ると金運アップのご利益を得ることが出来ると言われています。

金櫻神社の歴史

金櫻神社は、かつて山岳信仰が盛んだった金峰神社自体がご神体の神社です。

西暦533年には全国に疫病がまん延することになりますが、そのとき崇峻天皇が各地に神社建立を命じたと言われています。更にこの地において金峰山に祀られていた少彦命(すくなひこのみこと)を勧請し、神社が建立されたと伝えられています。

既に2,000年以上の歴史を持つ神社なのですが、本殿は一度昭和30年に火事で焼失しています。

本殿の柱には火災にあい復元された左甚五郎作の昇・降竜が奉納されています。

鬱金(うこん)の桜

やはり多くの人たちを魅了しているのは、鬱金の桜です。通常のサクラともちょっと違い白っぽい金色の花を見せてくれます。

桜の開花時期に合わせて水晶のお守りが授与され、金運アップと厄難解除のご利益を期待することが出来ます。

「鬱金の桜」 は、「金のなる木の金桜」とも言われています。金運アップのパワースポットとしてもとても人気の高い神社です。

ただしこの金運は頑張っている人たちの背中を後押ししてくれるような運気であり、ギャンブルや宝くじにはご利益を得ることが出来るものではありません。

左甚五郎作 昇・降龍

左甚五郎作 昇・降龍は、本殿の柱にあるまるで生き物のように見える躍動感一杯の龍の彫物です。左甚五郎は日光東照宮の眠り猫などで有名な彫刻職人なのです。

2頭の龍はしっぽには、いかにも水晶加工発祥の地らしく水晶玉が巻きつけられてあります。

ご神水 如来様の池

鳥居の脇に如来さまの池と呼ばれる湧き水があり、それは吉野山の蔵王権現を合祀した時に掘った池です。1300年前から湧き出ていると言われています。神仏分離令が発布されて合祀は取りやめとなりますが、それでも湧き水は現在に至るまで流れ続け人たちの注目を集めてていたのです。

山梨県甲府市御岳町2347が金櫻神社の場所です。JR甲府駅から山梨交通バス「グリーンライン経由昇仙峡滝上行」で約50分。「昇仙峡滝上」バス停で下車して徒歩約1分です。

-中部地方, 山梨県, 神社仏閣情報

Copyright© 神社仏閣めぐり.com , 2018 AllRights Reserved.