コラム

神社にはお墓がない?

投稿日:

神社とお寺では「お墓」にどのような違いがあるのでしょうか。日本人のお墓といえばほとんどが仏教式であり、寺の敷地内に建っています。仏教は日本で一番メジャーな宗教とも考えることが出来、自然な風景として捉えている人たちもいるでしょうけど、お寺に墓がつきものであり、神社にはないというのはちょっと意外なことではないでしょうか。

神社にお墓がない理由って何

そこには、江戸時代、幕府の政策が関与しているようです。それによってほとんどの日本人は、地域のお寺の檀家になったのです。江戸時代、 隠れキリシタン対策のためにも効果的な方法であり、庶民の戸籍を管理するためにも効果的な方法として考えられていました。当時の身分証明書といえば、 ○○寺の檀家であることを証明する「寺請証文」だったのです。

江戸時代まであたりでは、 神道の神様と仏教の仏様は同じものと考えられていたのです。そこに対立する意識など起こらず、日本の神様も実は仏様が姿を変えて日本にあらわれていたのだと考えることになります。結局、私達は神社とお寺をしっかり境界線を引きたい思いはあるものの、神社の敷地内にお寺があったり、お寺の境内に神社の鳥居がある光景は当たり前に存在していたのです。

明治において神道を推す気運

しかし明治になり、 幕府を倒して新しい政府を創ろうという志士たちは改革を求め、日本古来の教えである神道を強力に推し進めようとする気運が高まることになります。ここに神社とお寺の境界線が出来ることになります。そのとき仏教式ではない神道式のお墓を作ろうという気運も同時に起こることになりますが、しかし現状神社にはお墓を作る用地がなかったというのが最大の理由のようですね。

ただし、新しく神道式のお墓をつくる明治新政府の思いもあり、ここに谷中霊園や青山墓地が誕生することになります。

神道式のお墓の違い

神道式のお墓は仏教のお墓とは違いがあるのでしょうか。現在、神道を意識して作られたお墓は竿石が細長い角柱型が特徴なのです。上部がトキン型(先端がとがった三角錐型)または平らな一文字型です。

更に神道式には焼香はありません。代わりにろうそく立てや八足台を設置しています。

表面に彫られる文字にも特徴があり、「○○家奥津城(奥津城とは墓のこと)」となり、神道では、人が帰幽すると、諡(おくりな)が贈られます。故人の氏名の次に、男性でしたら「大人命」(うしのみとこ)が付けられます。刀自(とじ)は、戸口を支配する者が転じて主婦、さらに転じ女性への尊称とされています。

その次には命(みこと)の尊号があり、最近は、大人の場合は、「大人命」「刀自命」、子供さんの場合は「彦・比古命」「姫・比売命」をつけるのが一般的なようです。更に神道のお墓が仏教のお墓と明確に異なるところは「戒名」(法号)を用いないという点です。

-コラム

Copyright© 神社仏閣めぐり.com , 2018 AllRights Reserved.