近畿地方 和歌山県 神社仏閣情報

丹生都比売神社

投稿日:

今回紹介するのは丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)です。南海高野山線、橋本から車で 30分あたり山道を進んで行けば朱塗りの橋と鳥居が見えて来ます。

出典:公式サイトより

丹生都比売神社は、高450メートルの「天野の里」にあり、「天野大社」と呼ぶ人もいらっしゃるようですね。創建は千七百年も前のことだと言われています。

 

社殿はとても美しく、すみきった山の空気の中に、重々しい歴史も間違いなく感じ、私達は時代をタイムスリップしているかもという気持ちにもなってしまうのです。

 

建物の造りは「春日造り」といい、 あの春日大社と同じということです。

 

高野山の壇上伽藍にある御社は、 屋根が檜皮(ひわだ)葺き、 檜の皮で葺かれています。

 

丹生都比売大神

主祭神は丹生都比売大神(にうつひめのおおかみ)であり、天照大御神の妹神であり、別名は稚日女命(わかひるめのみこと)です。

 

紀ノ川流域の三谷に降臨し、紀州・大和の地に農耕を広め、やがてこの天野の地に鎮座したとのことです。 すべての厄災を祓い、一切のものを守り育ててくださると言われています。

 

そして更に主祭神は食べ物を司る神と言われている食都比売大神、厳島神社に由来を持つ芸能・財運の女神である市杵島比売大神、さらに弘法大師・空海を高野山へ導いたといわれる高野御子大神です。高野御子大神が、狩人に姿を変えて白と黒の二匹の犬を従えて空海と遭遇したと言われています。 霊場を探し求めていた空海を高野山まで導いたのは、その犬たちと言われています。そのことによって高野御子大神は人生を導いてくれる守り神とされています。

 

高野御子大神は丹生都比売の息から生まれた神様とされ、丹生都比売大神が高野山をもしっかり守ってくれている神様なのです。

 

「一之宮」とはその地域の中で最も格の高い神社のことを言います。 和歌山県には、 一之宮が三つあり、そのひとつが丹生都比売神社です。

 

チェックポイント

丹生都比売神社にはいろいろと目を奪われる美しさに遭遇することが出来ますが、 重要文化財にも指定されている本殿と楼閣だけでなく、見るべきポイントがたくさんあります。

輪橋・太鼓橋、鏡池

艶めく朱塗り・美しい曲線を描く輪橋・太鼓橋、そして鏡池も決して見落とすことが出来ないポイントです。

 

輪橋は木造で造られていて、その橋は日本国内でもかなり数が少ないためこちらもとても貴重な存在なのです。 長さは約20メートル、幅は3.5メートルというのはかなり大きな部類に入れることが出来ます。

 

高野山とともに世界遺産に登録

丹生都比売神社は古くは高野山詣での出発点とされている場所であり、高野山へ続く表参道を通る前には、まずここへ参拝するというのが古くからの習わしであったようです。

 

丹生都比売神社は高野山とともに現在は世界遺産に登録されています。外国の方々にもかなり注目度がアップしたようですね。海外の人たちに教えられて日本の美しさを再発見するというのもありではないでしょうか。

-近畿地方, 和歌山県, 神社仏閣情報

Copyright© 神社仏閣めぐり.com , 2017 AllRights Reserved.