関東地方 東京都 神社仏閣情報

待乳山聖天

投稿日:2017年7月28日 更新日:

東京台東区浅草の隠れた名所といえば、ここ「待乳山聖天(まっちやましょうでん)」のことです。正式名称は、待乳山本龍院といい、本尊は歓喜天(聖天)・十一面観音です。浅草名所七福神のうち毘沙門天(びしゃもんてん)が祀られているのもここです。

出典:公式サイトより

本堂から入り口の石段まで、すべてがパワースポットと言われ、入り口最初にある全長25間(45.5メートル)の塀が築地塀(ついぢべい)です。江戸時代には東都随一の眺望の名所と称され、かなり賑わいを見せていたようですね。多くの浮世絵や詩歌などの題材にもかつてなったことがあります。

 

出世観音像は、昭和11年(1936)境内整地のおり、御頭のみが出土されたということですが、水瓶を持ち水に関係のある観音様のようです。

 

歓喜地蔵尊は、火災や戦火をくぐりその尊容はとどめていませんが子育て地蔵として伝授され、信仰されています。

 

待乳山聖天にはどのような御利益が……?

 

大根をお供えすると聖天様が心身を清めてくれるとされています。大根には健康・良縁・夫婦和合・家庭円満の功徳があるとか。社務所で大根が売っていますので、それを購入して本殿にお供えをするのが良いとされています。

 

そもそも大根というものは人間の深い迷いの心、瞋(いかり)の毒を表すと言われているため、大根を供えることで、聖天さまがこの体の毒を洗い清めてくれるようです。

 

それにしても沢山の大根がそのままお供えされる光景はとてもユニークであり、参拝する人たちも驚かれることでしょう。

 

境内各所には大根と巾着がまつられてあり、巾着は財宝で商売繁盛をあらわしています。

 

お寺では聖天様を祀っていて、聖天様は象頭人身の姿をしており、夫婦和合や子宝のご利益が期待出来ると言われています。願望成就のご利益もあり、何かを断ち願い事をすれば必ず叶うと言われています。

 

待乳山聖天の歴史

 

待乳山聖天の待乳山は、595(推古天皇3)年に地中から忽然と湧き出た霊山と言われており、金龍が天より降って来て山を守護したと伝えられています。601年この地方が大かんばつに見舞われたことがあったのですが、十一面観世音菩薩はすぐに救済のため大聖歓喜尊天の姿となって現われて、人たちを救ったと言われています。これがこの山に尊天が鎮座した起源です。857年には慈覚大師が十一面観世音菩薩像を彫って奉安されました。開山以来1,400余年の長い年月が過ぎて、未だ多くの人々の篤い信仰を集めている待乳山聖天はまさに霊山と呼ぶにふさわしい雰囲気を醸し出しています。

 

毎年、1月7日に「大根まつり」が開催される

 

待乳山聖天で注目したい行事は、毎年、1月7日に開催される「大根まつり」です。「大根まつり」とは、正月七日に、元旦以来ご本尊様にお供えされてあった大根を風呂吹きに調理してくれて、御神酒と共に参詣する人たちに、提供してもらえるお祭りです。昭和49年(1974年)から行われています。

 

待乳山聖天の人気のお守りは……

 

待乳山聖天 縁結びのご利益は東京の縁結びのパワースポットのランキングでも人気が高く、待乳山聖天 お守りのご利益はかなり評判となっています。ご利益のシンボルである大根があしらわれたお守りは500円。巾着のカタチをしている欲張りなお守りです。子授け・安産祈願、安産お守りも昔から信仰を集めています。

アクセス

住所:東京都台東区浅草7-4-1

 

浅草駅からは、都営バス東42甲 浅草松屋前から南千住行「隅田公園」下車。

 

都営バス東42乙 浅草松屋前から南千住行 「リバーサイドスポーツセンター」下車。

 

循環バス 北めぐりん浅草松屋前から「隅田公園」下車。

 

南千住駅からは、都営バス東42甲 南千住駅西口または南千住車庫前から東神田、東京駅八重洲口行「隅田公園」下車。

 

都営バス東42乙 南千住車庫前から浅草雷門行「リバーサイドスポーツセンター」下車。

-関東地方, 東京都, 神社仏閣情報

Copyright© 神社仏閣めぐり.com , 2017 AllRights Reserved.